ブログ

今日の愛教研活動

第50回教育文化講演会

7月28日(金)

昨年度に引き続き、松前総合文化センターを会場にして教育文化講演会を開催しました。講師の安孫子薫先生に、「未来を拓き、生きぬく力を育てる」の演題で、ディズニーランド運営での御経験を基に、人材育成の在り方や子どもたちの夢を育てることについてお話をしていただきました。「妥協しない、徹底する、継続する」、「信頼の貯蓄」、「毎日が初演」といったキーワードが学校経営にも生かすことができる、と満足された先生方もたくさんおられたようです。

 

  

栄養教員部リーダー研修会

7月26日(水)

 栄養教員部リーダー研修会が文教会館で開催されました。

 本年度の講師は、調味料エバンジェリスト下倉 樹先生です。
 下倉先生は、調味料を自分のモノサシ(基準)で選ぶ楽しさとその魅力を伝える伝道師と言われています。
 講演では、「調味料から考える!給食の新たな可能性」という演題で、調味料の大切さ、選び方等、何気なく使用している調味料を様々な角度からお話していただきました。

 この講演の様子は、下倉先生の御許可をいただき、愛教研グループウェア掲示板にYoutube動画のURLを掲載します。興味のある方は、ぜひ御視聴ください。

 

令和5年度 講師・助教諭・養護助教諭等研修会

6月 6日 新居浜市立泉川小学校  6月16日 今治市立別宮小学校

6月26日 久万高原町立美川中学校 6月29日 大洲市立大洲南中学校

7月 5日 鬼北町立近永小学校

 今年度の講師・助教諭・養護助教諭等研修会が上記に記載されている旧五管内の五つの小・中学校で行われました。

全ての会場で参観授業が行われた後で、開会行事、研究協議、情報交換、指導助言がありました。どの会場の参加者も、積極的に質問や意見、感想を発表するなど大変活発な研究協議となりました。また、情報交換では、講師・助教諭・養護助教諭が日頃の指導で悩んでいることなどを話し合いました。その後、校長先生方の適切な指導・助言があり、有意義で充実したな研修となりました。

   最後に東中南予の教育事務所の先生方の指導講話がありました。服務に関することや採用試験に関することなど貴重な内容をお話していただきました。

 参加者は、本研修会を通じて、日々の教育実践や研修の進め方、今後の生活の仕方などを学び、教師の道を目指すことへの自信と意欲を持つことができたと思います。

 

第56回愛媛県公立小中学校事務研究大会第1回実行委員会

6月19日(月)

 本年度は、様々な活動がコロナ前の様子に戻りつつあります。

 ただ、コロナ下で急速に普及したオンライン会議等の新しい在り方についても、研修や会議の選択肢の一つとして準備を進めているところです。

 部長さんの開会挨拶にも、コロナ前に戻すのではなく、新しい研修会の在り方を模索していくというお言葉がありました。

 事務職員部では、昨年度、全国大会をオンライン開催で実施しました。特に一人職の事務職員部にとっては、校務の忙しい合間をぬっての会議には、オンライン参加という手法は大変有効です。事務職員部では、昨年度培った新しい会議・研修の在り方を積極的に導入しています。

 

 文教会館は、ネットワーク環境が整っており、事務局でもその環境を生かした様々な会議、研修会のオンライン化に対応できるよう備品類も整備しています。

 文教会館において会議を実施の際には、遠慮なく事務局へ御相談ください。

第1回愛媛大学・愛媛県教育研究協議会連携協議会

6月9日

 愛媛大学教育学部会議室で、愛媛大学から5人、愛教研からも5人が参加して、第1回愛媛大学・愛媛県教育研究協議会連携協議会が行われました。

 学部長さんから「この連携協議会も8年目になります。今からも研修を通じて連携を深めていきましょう。」と挨拶があった後、自己紹介を行いました。

 協議では、愛媛大学から教育学部・教育学研究科の取組の状況などの報告があった後、愛教研より各委員会・各支部の令和4年度の愛媛大学教育学部との連携状況と、夏に行われる第50回愛媛県教育研究大会(統一大会)について報告がありました。

 意見交換では、愛大と学校現場との連携の現状や、愛教研の今年度の取組について報告されました。最後に、今後の連携協議会の予定について話合い、会を終了しました。